人気の幼児向け英語教材でバイリンガルを育てよう

HOME » 幼児のための英語教材なんでもランキング » 英語力が身につくBEST3

英語力が身につくBEST3

ここでは、英語力が身につく幼児英語教材3つをランキング形式で紹介します。英語力が身につく教材の仕組みや費用、内容等で比較していきます。

確実な英語力が身につく!幼児英語教材比較ランキング

【第1位 パルキッズ】

パルキッズ

幼児・児童期の英語教育のメリットは、音やリズム、単語をスポンジのように吸収していく並外れた記憶力。パルキッズでは、物事を理屈抜きで感覚的に理解する右脳の力を最大限活用し、子供が日本語を自然に覚えてしまうのと同じ環境を、英語でも人工的に作り出して、英語力を身につけさせます。

方法はとても簡単で、1日90分間パルキッズのCDをBGMとしてかけ流して、1日5分程度のオンラインレッスンに取り組むだけです。ネイティブスピーカーの発音や楽しい音楽、単語のシャワーに触れ続けるだけで、英語を聞き取る力と語彙力が育ちます。

1年も英語を耳にすれば、英語のリスニングは出来るように。2年も環境を作り続ければ、家庭内レベルの会話ならマスターしてしまいます。さらに、パルキッズでは、英語学習のゴールを「読解力」と「語彙の強化」に設定し、社会に出てからも通じる大人の英語へと力を伸ばします。

★費用/70,200円

【第2位 ディズニーの英語システム】

ディズニーの英語システム

0~6歳までの「天才の脳」といわれる右脳の記憶力は、左脳の約100倍。英語学習を早く始めれば始めるほど、子供の脳は英語に対して活発に発達し、まるで母国語のように英語が身につくようになります。

また、赤ちゃんが発する「バブバブ」といった言葉にならない音=喃語(なんご)には世界中のあらゆる言語の音が含まれていて、そのため、喃語期の赤ちゃんは世界中の言語の音が聴き取れると言われています。これらの幼児期特有の言語獲得能力を活用し、母国語を覚えるときと同じように、毎日英語に触れる環境を作って、自然と言葉を理解し、英語を覚えていくよう導きます。

★費用/不明

【第3位 アルク】

アルク

フランスの音声医学の権威トマティス博士の理論に基づいて制作された英語学教材です。0~3歳までの乳幼児期の子どもは、幅広い周波数の音を聞き取れる高度な聴覚を持っており、この時期に日本語だけでなく、良質な英語も聞かせておくと、英語に対して感度の良い耳を育てることができます。

人間の感覚器官の発達は3歳位まででほぼ完成されるので、3歳までにネイティブの音・リズム・イントネーションに耳を慣らすことがとても重要です。また、CDのBGMにはリラックス効果の高いモーツァルトが使用されており、記憶力や集中力のアップに効果を発揮します。

★費用/31,320円(一般価格)

幼児向け英語教材をもっと詳しく比較しています