TOP » 先輩ママが伝授!親がしてあげられるバイリンガル教育

先輩ママが伝授!親がしてあげられるバイリンガル教育

2つの言語を自由に話せる人のことをバイリンガルと言いますが、現在は3言語を話すトリリンガルや、それ以上の言語を話せる人もいます。日本の小学校でも英語教育が始まることになって、これからの国際化社会に向かって英語の需要はますます増えて行き、わが子が大人になる頃には英語を話せるのはあたり前になっていることでしょう。

自分が英語に苦労しているから子どもにはそんな思いをさせたくないと子どもをバイリンガルに育てたいと考えるパパやママは少なくないですが、バイリンガルの子どもに育てるには親にも覚悟が必要です。子どもの英語教育で一番大事なのは「英語好きな子どもに育てる」ということ。飽きずに楽しんで学べるような環境を作ってあげることが英語を身につける近道なのです。

子どもはこうして英語を覚える

こどもに英語を覚えさせたい、英語耳にしてあげたいというのならできるだけ小さいうちから英語に慣れさせることが重要です。

大人になった日本人が英語をよく聞き取れなかったり、上手く発音できなかったりするのは英語と日本語には異なる発音があるから。0歳から3歳くらいは様々な音を聞くことで脳の機能や耳の機能が最も発達する「耳の黄金期」と言われ英語の聞き取りや発音に一番効果がある時期です。

人間の耳が聞き取れる周波数は20ヘルツ~20000ヘルツくらいと言われていますが、子どもの頃にどのくらい多くの音を聞いたかによって聞き取り能力が違ってくるんだそうです。

また日本語は抑揚がほとんどなく周波数も低い言語ですが、英語はアクセントや抑揚が多く周波数も高い言語です。そのため小さい頃から英語を聞き慣れていない日本人は英語を上手く聞きとることができませんが、早い段階で英語に慣れておけば日本語にない周波数も聞きとれることができるようになります。

周波数は言語によっても異なり、日本語130ヘルツ~1500ヘルツ、フランス語1000ヘルツ~3000ヘルツ、英語2000ヘルツ~12000ヘルツ、イタリア語2000ヘルツ~4000ヘルツとなっていて、大人になった日本人が英語を学ぶとネイティブよりも周波数が低くなるそうです。

子どもはこうして英語を覚えるを読む

日常会話にも英語を取り入れる

早い時期から子どもに英語を覚えさせたいと思っているなら、まずは日常生活に英語を取り入れてみましょう。生活の中に英語があることで、どんどん子どもが英語を好きになって積極的に英語を話すようになっていきます。家庭の中でも小さいうちから英語に触れられる機会を増やしてあげましょう。英語が苦手だから教えてあげるなんて無理というパパやママでも大丈夫!毎日簡単に使える英語のフレーズを紹介してみましたので朝から寝るまで話してあげてください。せっかく覚えた英語もたくさん使っていないと忘れてしまうので、生活の中でどんどん使って親子で英会話を楽しんでみてくださいね!

日常会話にも英語を取り入れるを読む

楽しいと思える環境を作る

子どもというのは飽きっぽいもの。何かをやらせたいと思ってもなかなか続けさせることができません。でも好きなことならいつまでも時間を忘れてやってしまいます。そんな子どもに英語を覚えてもらいたいなら、まず英語を好きになってもらうことが大切です。そのために必要なのは両親が楽しく英語を学べる環境をつくってあげることです。

子どもが楽しく英語を学べる環境づくりのポイントは1.早く英語を覚えさせたいからといって英語漬けにしないこと。日本語が基本なので将来日本語でのコミュニケーションが上手くできなくなるかもしれないからです。2.子どもの集中力がある時間の中で興味のあることを行うこと。幼稚園児の集中力は10分、小学校低学年で20分程度なのでそれ以上やっても無意味です。3.高価でなくてもいいから簡単で理解しやすい教材を使い毎日続けること。こどもの英語教育を始める時に重要なのは英語に慣れることだからです。4.親子一緒に楽しく学べるような教材を使うこと。小さい子どもは親が楽しければ自分も楽しいと感じるからです。

また覚えた英語を使ってコミュニケーションをとれるような相手を用意してあげることも大切です。英語が話せると楽しいと思うようになって、英語力もどんどん上がっていきます。

英語が楽しいと思える環境を作るを読む

管理人の紹介

管理人の紹介

学生時代から英語が苦手だった私。妊娠中から英語教材を使いはじめ、現在3歳になる息子は、英語のDVDの内容をちゃんと理解できるまでになっています。「無理せず楽しく学べるのが良いな」と教材を選びましたが、今では息子から進んでやりたいというようになっているので、これからも続けていこうと思っています。

Copyright (C)英語に強い子どもに育つ!幼児英語教材ランキング All Rights Reserved.