TOP » 先輩ママが伝授!親がしてあげられるバイリンガル教育 » 楽しいと思える環境を作る

楽しいと思える環境を作る

子供というのは飽きっぽいものなので、何かをやらせたいと思っても続けさせることはなかなか難しいものです。しかし好きなことであれば、時間を忘れていつまでもやってしまうというのも子供の特性です。英語を覚えさせたい場合も、まず最初に英語を好きにならせるということが重要です。英語が楽しくなれば時間を忘れて熱中するようになり、どんどん英語も上達していくでしょう。

楽しく英語を学べる環境を作る

どんなに高い教材であっても子供が楽しんでやれないようでは意味がなく、無理にやらせて英語嫌いになってまうかもしれません。また英語を早く覚えるようにと英語漬けの生活にしてしまう極端な方もいますが、これは肝心な日本語の方がおろそかになってしまうのでおすすめできません。まずは楽しく学べる英語環境をつくってあげることが必要です。そのためには次の点に注意するようにしましょう。

英語漬けにしない

日本で暮らしていく上で基本となるのは日本語です。きちんとした日本語を話せなくては成長してから上手くコミュニケーションをとれなくなってしまう可能性があります。

子供が興味のあることを集中できる時間内に行う

幼稚園児の集中力は10分、小学校低学年でも20分がやっとなので、それ以上やっても集中できず無駄な時間になってしまいます。

簡単で理解しやすい教材からスタートする

英語の勉強を始めるときに重要なのは英語に慣れることです。最初から高価な教材を与える必要はなく簡単な英語教材でも良いので毎日少しずつ聞くということが大事です。

親も楽しめる教材を使う

小さい子供のうちは親が楽しければ自分も同じように楽しんでくれます。親が楽しくなければ子供も楽しいと感じてくれないので、親子で一緒に楽しく学べるような教材を使いましょう。

大事なことは英語を押しつけないこと

子供の英語教育で最も大事なのは親が子供に英語を押しつけないことです。子供は押しつけると反発してしまうものなので英語を楽しく学べる環境をつくってあげて、自分からすすんで英語を勉強したいという気持ちになるようにしてあげましょう。DVD、CD、絵本などの教材を使うことも大切ですが覚えた英語を使ってコミュニケーションをとれるように英語で話す相手を用意してあげることも大切です。英語が話せることは楽しいことだと思うようになり、どんどん英語力もアップしていきます。

管理人の紹介

管理人の紹介

学生時代から英語が苦手だった私。妊娠中から英語教材を使いはじめ、現在3歳になる息子は、英語のDVDの内容をちゃんと理解できるまでになっています。「無理せず楽しく学べるのが良いな」と教材を選びましたが、今では息子から進んでやりたいというようになっているので、これからも続けていこうと思っています。

Copyright (C)英語に強い子どもに育つ!幼児英語教材ランキング All Rights Reserved.