TOP » 先輩ママが伝授!親がしてあげられるバイリンガル教育 » 親は英語力よりも「一緒に楽しむ」力を育てよう!幼児英語教育のコツ

親は英語力よりも「一緒に楽しむ」力を育てよう!幼児英語教育のコツ

子供の英語教育を考えたときに気になるのが、親である自分の英語力ではないでしょうか。

いくら良い教材を使ったとしても、親の英語の発音が良くなかったり、英語を理解していなければ、子供の英語力に影響する気がしてしまいますよね。

では、子供の英語教育において、本当に親の英語力は関係があるものなのでしょうか?

また、子供の英語教育をする際に、親はどのようなことに気を付ける必要があるのでしょうか。

このページでは、親の英語力と子供の英語教育の関係性についてお話していきます。

親の英語力は、実は関係ない

幼児には親が英語を「教える」必要はない

親子のキス

ある通訳者の方は、自分の子供に英語を教えなかったそうです。

それは、「学習において大切なことは、親が押し付けるのではなく、本人のやる気が大切だから」です。

英語を学ぶにあたり、親が自ら子供に教える必要は全くなく、むしろ大切なのは本人の主体性を育てる、といった点です。

ここで、あなたの子供の頃を思い出してみて下さい。

学校で勉強させられた苦手科目の課題に取り組むのって、億劫ですぐ飽きてしまいませんでしたか?

反対に、自分が好きな科目や、興味のあること(スポーツやゲームなど、何でも)に対しては、いつまでも熱中していたのではないでしょうか。

それと同じで、好きなことや楽しいことに対する人間の集中力と記憶力は計り知れないものです。

ですので、お子さんの「楽しい」「好き」という感情を育てるのが、学びにおいて親の役目といえるでしょう。

英語に興味を持っていれば大丈夫!

親が「教える」必要は無いとお伝えしましたが、その代わりに、子供の英語教育において大切なポイントがあります。

それは、親が英語への「興味」を持っているということ。

そしてこれは、このページをご覧下さっているあなたが既にクリアしているポイントのはず。

英語に興味があるからこそ、「幼児 英語教材」など、検索をかけてこのサイトまでにたどり着いて下さったのではないでしょうか?

つまり、このページを見て下さっているというだけで、子供の英語教育に必要な点はクリアされているということです。

次項からは早速、「幼児の英語教育の際に親が気を付けるべきポイント」についてお話していきます。

大切なのは、「耳で覚えること」

日本語と英語の音域は違う!小さい頃から耳に慣らすことが重要

英語を学ばせたい親にとって、まず気になるのは「私の発音が、子供に影響しないのか?」という点ではないでしょうか。

確かに、ネイティブではない発音を子供に聞かせることは抵抗がありますよね。ですが、実はこのポイントは全く気にしなくて大丈夫なのです。

なぜかというと、子供は9歳までの間に正しい英語に触れていくことで、自然と「英語耳」が身に付いていくため。

ただし、9歳を過ぎると、日本語には無い音を「拾わなくても良い音」であると判断してしまうようになるため、英語ならではの音の聞き分けが難しくなってしまいます。

出来るだけ小さいうちから英語を聞かせるようにし、英語の音域を拾えるように慣らしていきましょう。

ちなみに、英語と日本語の音域にどのくらいの違いがあるかというと、日本語が125~1500ヘルツであることに対して、英語は1000~5000ヘルツとなっています。つまり英語と日本語の音域はほぼ重なっていません。

この差を聞き分けられるようになるには、小さなことから英語に慣れ親しんでいる必要があります。

また、そもそも論でいえば、英語に必ずしも「ネイティブ」のような発音は必要ありません。

あくまで言語はコミュニケーションツールであり、海外では様々な人種の人々が英語で会話をしています。

母語によってアクセントは異なり、聞き取りにくい場合もありますが、それでも発音を気にしている外国人はあまり多くありません。(こちらはあくまで筆者の感想ですが)

発音にとらわれ過ぎず、英語を楽しむことが何よりの上達の秘訣なのではないでしょうか。

親が心がけるべきこと

英語の勉強を、子供より楽しむ気持ちで!

娘を抱える母

では、子供が英語を身につけるにあたり、親はどのようなことに意識する必要があるのでしょうか。

それは一番に、「親が楽しむこと」です。

これまでに、以下のような経験をしたことはありませんか?

これは、「ミラーニューロン」と呼ばれる現象です。

人の脳は、他人の行動や仕草を感知するセンサーを持っていて、他人の行動に反応してしまう性質を持っています。子供にとっても、これは同じです。

つまり親が楽しんでいる様子をみることで、子供もそれに感情移入をし、つられて楽しくなってしまうのです。

英語を勉強する時間が楽しくなれば、自然と英語を学ぶ癖がつき、上達にも繋がっていきます。

一緒に勉強に取り組むと、リラックスできて記憶力アップ

英語教育にあたり、もう一つ大切なことがあります。

それは、親と一緒に勉強に取り組むことです。

英会話教室に通わせることで、質の高い英語教育は受けられるかもしれません。

ですが、子供にとって先生は「見ず知らずの大人」。

相性もありますし、人見知りの子であれば、緊張してしまうかもしれません。

人は緊張することで、左脳が活性化してしまうのですが、実は左脳は記憶が苦手。

反対に、耳からの情報に対して記憶力が高いのは、右脳です。

では、右脳はどのような時に活性化するかというと、「楽しいとき」や「リラックスしているとき」です。

リラックスしていると、集中力も高まるため、学習には最適な状態になります。

子供が一緒にいると安心できるのは、もちろん親。

親が一緒に勉強に取り組むことで、子供の学習能力は引き出されるのです。

「英語力」よりも「一緒に楽しむ」ことが大切

子供の英語教育において、何より大切なのは、親の英語力ではなく、「楽しむこと」と「一緒に取り組むこと」の2つです。

「子供に英語を学ばせたいけど、私には英語力が無いから…。」と諦めず、一緒に楽しんで英語を学ぶ姿勢を見せましょう。

むしろ、子供にとっては、教え込むことは探求心を奪うため、学習面では逆効果になってしまいます。

そう考えると、親に英語力が無い、という状態の方が、もしかしたら子供にとって好条件になるかもしれませんね。

管理人の紹介

管理人の紹介

学生時代から英語が苦手だった私。妊娠中から英語教材を使いはじめ、現在3歳になる息子は、英語のDVDの内容をちゃんと理解できるまでになっています。「無理せず楽しく学べるのが良いな」と教材を選びましたが、今では息子から進んでやりたいというようになっているので、これからも続けていこうと思っています。

Copyright (C)英語に強い子どもに育つ!幼児英語教材ランキング All Rights Reserved.