TOP » 子どもの英語教材をはじめる前に知っておきたいこと

子どもの英語教材をはじめる前に知っておきたいこと

子どもの英語教育をはじめるにあたって必ず知っておきたい、基本的なノウハウをご紹介します。

幼児の英語教育に必要な知識とは?

なぜ幼児期に英語教育が必要なのか

学んだことを吸収しやすい時期である幼児期に英語教育を受けることの重要性、耳の黄金期や右脳の黄金期などについて解説します。早期教育の弊害等も言われますが、それをくつがえす理論についてもご紹介します。

なぜ幼児期に英語教育が必要なのかを読む

年齢別の英語教育とは

「獲得期・学び期・勉強期」という言語習得の3段階について、それぞれの時期の脳の発達具合や、身につけることのできる能力などを説明します。また、それぞれにどんな英語教育法があっているのかについても解説しています。

年齢別の英語教育とはを読む

スクールと教材どちらが良い?

幼児期の英語学習には、英会話スクールに通うことと、教材を使用して家庭で勉強することがあります。幼児期は英語を流しているだけで英語のイントネーションやリズムなどを自然に吸収してしまう、いわば語学の天才期。そんな時期の学習として、いったいどちらの方法が良いのでしょうか?2つ方法のメリット・デメリットを交えて解説します。

英語教育にはスクールと教材どちらが良い?を読む

正しい教材の選び方

幼児用英語教材を選ぶ際に絶対外せないのは「目標を明確にする」「教材の理論を納得する」「実践の簡便性を考える」ことです。高い教材が必ずしも良い教材ではありません。お手頃価格で正しい英語力を身に付けられるような素晴らしい教材もたくさんありますし、その逆もあります。家庭の経済状態に合った納得のいく教材を選ぶようにしましょう。

正しい英語教材の選び方を読む

中古教材ってどうなの?

新品よりもお安く手に入れることができる中古教材。安くで手に入れることができるなら中古であっても問題ないと思っている方もいらっしゃいますが、それはおすすめできません。新品の教材を購入したほうがいいのは何故でしょうか?その理由について解説し、中古の子ども英語教材を安いからという理由で購入して失敗してしまった方の体験談についても紹介しています。

中古の英語教材ってどうなの?を読む

幼児でも受験できる英検Jr.ってどんなテスト?

子供の英語教材としても最適だとされている「英検Jr.」は、楽しく英語を学習し、その学習によって国際的な感覚を育むことを目的とした検定試験です。ブロンズ、シルバー、ゴールドの3つのレベルから選択可能で、子供の英語レベルに合わせて受けられるという点も魅力でしょう。こちらでは、英検Jr.の詳しい情報についてご紹介しています。

幼児でも受験できる英検Jr.ってどんなテスト?を読む

幼児の英語教育でよく耳にする「フォニックス」とは

頻繁に耳にする「フォニックス」とは、英語を学習する方法のひとつです。特殊なルールに従って英語を学習することで、英語の読み、書き、発音、リスニングの全般を効率的に覚えることができます。こちらでは、フォニックスの特徴や、学習に取り入れた際のメリット、デメリットなどについて解説しています。

幼児の英語教育でよく耳にする「フォニックス」とはを読む

この症状は要チェック!バイリンガル教育によるストレス

小さな子供は表現力に乏しいため、バイリンガル教育に対するストレスを伝えられないことがあります。教育に対してストレスを感じると、今後の学習にも影を落とす結果になりかねません。こちらでは、教育によるストレスを保護者が汲み取る方法、ストレスを軽減させるおすすめの方法などをご紹介します。

この症状は要チェック!バイリンガル教育によるストレスを読む

幼児向け英語教材ランキング

幼児期に英語力を身につけられる優秀な英語教材を「英語力が身につく」「楽しく続けられる」「家計の負担にならない」「お受験まで使用できる」の4ニーズ別に3つピックアップしてまとめています。

幼児向け英語教材ランキングを読む

幼児向け英語教材評判リスト

手軽で続けやすい自宅用の英語教材を厳選して紹介。教材それぞれの特徴や費用、教材のセット内容、利用者の口コミなどの情報をまとめています。子どもに英語を習わせたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

幼児向け英語教材評判リストを読む

ランキング1位の幼児英語教材を体験

幼児英語教材総合ランキング1位として紹介している「パルキッズ」を管理人と息子が実際に体験してみてレポートにまとめました。教材をどういう風に活用して取り組んでいったか、子どもの様子はどうだったかなど細かく記載しています。

ランキング1位の幼児英語教材を体験を読む

子どもの英語教材を始める前に知っておきこと

子どもの英語教育を始める前に知っておきたいノウハウをまとめています。なぜ幼児期に英語教育が必要なのか、正しい教材の選び方など、さまざまな内容がありますので、教材を選ぶ前にぜひ目を通してみてください。

子どもの英語教材を始める前に知っておきことを読む

我が子にはどれが合う?英語教材の種類

子ども英語教材の主な種類であるCD、DVD、テキスト、オンラインレッスンについて、始めるべき年齢やそれぞれのメリット・デメリットについて紹介しています。自分の子どもにピッタリな英語教材を見つける手掛かりにしてください。

我が子にはどれが合う?英語教材の種類を読む

親がしてあげられるバイリンガル教育

子どもだけで英語を勉強すれば良いわけではありません。日常会話に英語を取り入れたり、英語が楽しいと思える環境を作るなど、親が子どもにしてあげられることはたくさん。ここでは、知っておきたい幼児英語教育のコツをまとめています。

親がしてあげられるバイリンガル教育を読む

英語教育はいつから?

英語教育は、生後6~8か月の時点から始めた方が良いでしょう。1歳になる前は脳が急速に発達するため、この頃から英語教育を行っていると、細かな発音の違いも聞き分けられるようになると言われるためです。ですが、1歳になるまで使わない方が良いと言われているタイプの教材もあるため、年齢に合わせて適切な教材を選んでいくことが必要です。

生後6か月から1歳になるまで

1歳になるまでの段階では、「音」による英語教育が最も適しています。この時期の子供は、耳から聞いた言葉を吸収する能力に長けているため、英語のCDや歌などをメインにして学習させてください。

ただし、英語を聞く時間があまりに長くなると、日本語の学習が遅れる時期だともいわれているため、1日30分~2時間程度の英語学習が適切です。英語の音に十分馴染むまで、DVDなどの映像は見せない方が良いでしょう。

1歳から1歳半

英語の音に慣れたところで、1歳からは映像を合わせた学習法にシフトしていきます。これは、英語の音が脳に入っている段階で映像を見せると、短時間の学習だけでも学習効率が上がるとされているためです。そのため、DVDなどの教材は毎日見せる必要はなく、月に2回くらいのかけ流しで十分な効果を発揮します。

1歳半から

音と映像による学習を進めていれば、1歳半の段階ではかなり英語に親しんでいることでしょう。そこで、1歳半になる頃には、オンラインレッスンなどの本格的な英語教育を開始することがおすすめ。最近はタブレットなどで行う学習も多くなっているため、1歳半の幼児でも簡単に操作でき、楽しんで学習を始めることができます。

こんな幼児英語教材に注意!

幼児に英語教育を行うための教材は多く存在していますが、選ぶ教材によっては、一生懸命学習させても失敗に終わることがあるようです。ここからは、幼児英語教材選びに失敗した事例を、いくつかご紹介しましょう。

アウトプットの機会がなく英語を話さなかったケース

「2人娘がいますが、2人とも生後すぐから英語の歌などを聞かせていました。その結果、次女は2歳を過ぎたころから英語を話すようになったのですが、長女は4歳までほとんど話すこともなく…その違いを考えたところ、次女は保育園の英会話レッスンで英語を話していましたが、長女は4歳になるまで英語を話す機会がなかったのです。」

英語の教材を使って自宅で学習をしていても、「英語を話す必要性」がなければ、子供が自分から英語を話しだすことは稀なようです。

このケースの長女は、英語の理解はしていたのでしょうが、英語を話すタイミングがなかったため、ずっと英語を口にすることはありませんでした。そのため、英語の教材では、聞く、読む、理解する、話すなどの要素が全て詰まっているものが理想的だと言えるでしょう。

楽しめない英語教育で英語が嫌いになったケース

「幼稚園に入る時期から、有名な英語教室に通わせていました。英語もかなり覚えて、成績優秀な子供として評価を受けていたのですが、中学校に入ってからは一変。とにかく学校での英語学習を嫌がっていて、英語の成績だけが悪いという状況です。英語教室が本人にとってかなりのストレスだったようで、『英語が嫌いな子供』になってしまいました。」

幼児期の英語学習で最も大切なことは、「楽しく学習ができるかどうか」という点です。楽しくない英語学習をさせられていると、そのことがトラウマとなり、英語自体に嫌悪感を持ってしまう場合もあります。

どのような英語教材が楽しめるか、というのは子供によりますが、教室では子供の学習の様子やストレス具合がわかりにくいため、自宅での学習の方が安心でしょう。進んで学習できるような楽しい教材を自宅で使用し、自然に英語を身に着けさせるという点がポイントです。

買う?借りる?中古?幼児英語教材の入手方法

幼児英語教育の教材を入手方法は金銭的な負担にも関わってきますが、英語学習の効率にも関わってくるため、用意する際には入手方法をよく吟味しなければなりません。こちらでは、それぞれの入手方法のメリットとデメリットについてご紹介しましょう。

正規販売店から購入する方法

【メリット】

【デメリット】

正規販売店から購入する最大のメリットは、学習サポートが受けられるという点。最も効果的な学習ができるので、子供の英語能力を各段に飛躍させられるでしょう。また、追加教材の割引などもあるので、長期的に学習を続ける上では最もおすすめの方法です。

人から借りる方法

【メリット】

【デメリット】

人から借りれば、教材の購入費用はゼロで済み、教材の効果的な使用方法をその人から聞くこともできます。ですが、学習サポートが受けられないため、その人と同じ学習方法は実現できません。また、その学習方法が自分の子供に合っているとは限らないでしょう。

中古で購入する方法

【メリット】

【デメリット】

中古で購入できる教材は豊富なため、子供に適していると思われる教材を選び、安く揃えられるという点がメリットです。ですが、学習サポートが受けられないため、教材の真の効果を発揮させられない可能性は高いでしょう。また、何年も前の教材であった場合、現代の子供の関心を惹かず、早々に飽きてしまうことも考えられます。

管理人の紹介

管理人の紹介

学生時代から英語が苦手だった私。妊娠中から英語教材を使いはじめ、現在3歳になる息子は、英語のDVDの内容をちゃんと理解できるまでになっています。「無理せず楽しく学べるのが良いな」と教材を選びましたが、今では息子から進んでやりたいというようになっているので、これからも続けていこうと思っています。

Copyright (C)英語に強い子どもに育つ!幼児英語教材ランキング All Rights Reserved.