人気の幼児向け英語教材でバイリンガルを育てよう

HOME » 子供の英語教育をはじめる前に知っておきたいこと » なぜ幼児期に英語教育が必要なのか

なぜ幼児期に英語教育が必要なのか

幼児期に英語を学ばせると、「遊ぶ時間がない」「そんなに小さい頃から勉強させるのが可哀想」「日本語と英語が混乱するのではないか」などの反対意見もありますが、学んだことをスポンジのようにそのまま吸収してしまえる時期だからこそ、英語教育を受けさせることに大きな意味があるのです。

子供は、英語の歌を聞いたり、CDのかけ流しを苦痛と思うことはまずありませんし、脳科学的にも、周波数帯の違う日本語と英語を混同してしまう心配は無いと言われています。

実際に、海外には幼くして複数の外国語を操る子供はたくさんいますし、中には6歳にして9か国語を話すツワモノも!ですが、そんなバイリンガル・トリリンガルの彼らは、辛い勉強を押し付けられて嫌々他国語を習得したわけでは無く、家庭や周囲の環境の中で、自然と身に付いたケースがほとんどなのです。

日本語に置き換えて見てみると、幼児期はあえて言葉を教えなくても、その発音を自然と覚えてしまう記憶力抜群の時期。それは英語にも当てはまります。次の項目では、幼児期の英語教育における脳の働きと仕組みについて解説していきたいと思います。

幼児は語学の天才!右脳の黄金期は6歳まで

脳には右脳と左脳がありますが、0歳~3歳までの乳幼児期に特に能力を発揮するのは、感性的に働き、物事を理屈抜きで感覚的に理解する「右脳」です。

イメージ脳である右脳には、コンピューターに例えると、高速で大量にインプットされた情報間に働く法則を自動的に見つけ、二次加工して出力するという機能が備わっています。右脳には人間の意識を超えて働く、高度な言語処理能力があるのです。

ところが、小学校に上がる程度になると、理論的に物事を考える左脳が優位になってきます。そうなると、言語や音感といった音に関する能力が退化していってしまうのです。

大人になるに従い英語の聞き取りが苦手になってしまう理由も、その一つ。脳の中では、思考を行う複雑な機能を補うための「大脳新皮質」の壁が6歳位までの間にできて、音を聞き取る原始的な処理が行われる旧皮質が覆われてしまいます。新しい壁によって、6歳以前に耳にしたことの無い音ははじき返されてしまうため古い皮質までたどり着かなくなってしまうのです。これが、日本人が外国語を聞き取れない根本的な理由です。

また、日本語と英語は、音の周波数が違うため、長い間日本語しか聞かないで育つと、それより高い周波数領域を持つ英語等の学習が困難になります。

これらの条件を考え合わせると、0~6歳までの右脳の黄金期に、英語に取り組むことは大変重要なことといえます。中学校に通うようになってから、必死に単語や文法を学ばずとも、リズムや会話を聞くだけで、文章や会話尾をひとかたまりとしてとらえ、全体の流れで自然に英語を身につけて行けるのですから。

将来子供に英語で苦労をさせたくない、バイリンガルに育ててあげたい、と思われるご家庭には、ぜひ適切な方法で、幼児期からの早期英語教育をされることをおすすめします。