TOP » 子どもの英語教材をはじめる前に知っておきたいこと » この症状は要チェック!バイリンガル教育によるストレス

この症状は要チェック!バイリンガル教育によるストレス

幼児や子どもは、上手に伝えられないという理由により、ストレスやプレッシャーを感じていることを表現できないことがあります。とくに、楽しんでいると思っていたバイリンガル教育が、実はストレスになっていたという場合は、その後の英語を学ぶ過程にも影響することがありえます。英語教材を上手に活用しながら、楽しく学ぶためには、ストレスの原因を早めにチェックし、改善しておくことがおすすめです。

幼児から「No」といえないストレスのサイン

子ども一人ひとりの個性も異なりますが、幼児の場合は気持ちを上手に表現したり、気分を正確に伝えたりすることは難しいことが多いものです。バイリンガル教育において、英語のレッスンに対するストレスやプレッシャーを感じているかどうかは、幼児の「会話」からもチェックすることができます。

ときには、「英語のレッスンに行きたくない」、「今日は英語を休みたい」など、はっきり聞くこともあります。しかし、上手に表現できない気持ちに加えて、英語のレッスンを「No」と言えず、やめたいとはっきり言えない幼児のほうが多いかもしれません。 同じクラスに通う幼児や周囲の子どもよりも、「上手じゃない」と感じることもプレッシャーの要因になりかねません。また、「次の(英語のレッスンは)いつ?」と聞かれたり、「上手に話せるかな?」と心配そうにしていたりするなら、英語を学ぶことにストレスを感じている可能性が高くなります。

さらに、自宅に帰ると英語教材を手に取ることも少なく、レッスン当日に教材の入ったカバンを持たないというケースもあります。自宅では英語への関心が薄いということが、ストレスを感じている症状のひとつです。そして、レッスンに行く前の準備や幼稚園からの帰宅が遅いことも、プレッシャーからくるストレスの一部とされているので、チェックしてみましょう。

こんな症状は要注意!ストレスを感じる幼児の症状

大人でも緊張を感じることで、身体の不調などの症状により現れますが、幼児も同じです。英語を学ぶことで何らかのストレスを感じていると、下痢や発熱などの症状を起こすこともあります。また、おねしょ(夜尿症)や夜泣きなどの夜間に見られる症状に加えて、いつも食べる食事やおやつの量が少なかったり、食欲不振になったりもします。

参考:(pdf)さまざまな『子どもの心の問題』厚生労働省雇用均等・児童家庭局

バイリンガル教育にはたくさんのメリットがありますが、緊張感から「体調」を崩してしまっては元も子もありません。レッスンの日が近くなるときにあらわれる症状には、ストレスによるものがあるので要注意。風邪や病気などの症状とは違う「体調」の異変には、早めに気づいてあげることが大切です。

幼児のバイリンガル教育でストレスを軽減できるおすすめの方法

英語のレッスンに通うことがストレスになっては、幼児の才能を引き出すことができなくなり、習得ペースも上がらないことがあります。まずは、ストレスの原因を見極め、できる限り取り除いてあげることが、バイリンガル教育を成功させるポイントです。 英語やほかのレッスンが多すぎないか、バイリンガル教育として英語を学ぶことが早すぎるかなど、再確認してみることがおすすめです。プレッシャーに感じることがなくなれば、ストレスの軽減に効果があり、英語を習得するペースにも効果が期待できます。 英語を学ぶことが好き、もしくは楽しいという幼児の中には、英語を学んでいる70~90%の幼児や児童の中には、英語のゲームをしたり、歌を歌ったりしているときが楽しいという経験を持っています。

参考:『英語教育改善のための調査研究事業に関するアンケート調査結果について』文部科学省

英語を学びたいという幼児の気持ちを高める方法などを工夫することで、ストレスに敏感になりすぎないように注意することがおすすめです。

管理人の紹介

管理人の紹介

学生時代から英語が苦手だった私。妊娠中から英語教材を使いはじめ、現在3歳になる息子は、英語のDVDの内容をちゃんと理解できるまでになっています。「無理せず楽しく学べるのが良いな」と教材を選びましたが、今では息子から進んでやりたいというようになっているので、これからも続けていこうと思っています。

Copyright (C)英語に強い子どもに育つ!幼児英語教材ランキング All Rights Reserved.