TOP » 子どもの英語教材をはじめる前に知っておきたいこと » 小学校3年生から英語が必修!幼児教育がますます重要に

小学校3年生から英語が必修!幼児教育がますます重要に

小学校3年生から英語は必修化、5年生からは教科化に

現在の小学校では、英語の必修は5年生からとなっています。ですが、2020年度からはさらに低年齢での英語必修化が開始され、小学校3年生で「必修化」、小学校5年生で「教科化」へと変更されることが決まっています。

現在は「必修」となっている英語が、5年生で「教科」へと変更されるわけですが、まず、「必修化」と「教科化」はどのように違うのでしょうか。

つまり、小学校3年生では、成績はつけられないものの必ず英語を学ぶ必要があり、小学校5年生では、今まで成績がつけられなかった英語に対して成績が付けられることになるという違いがあるのです。

英語必修化の背景には、韓国での英語習得の成功例が反映されていると考えられます。韓国では小学校3年生からの英語必修化を既に取り入れており、このことによって英語力の飛躍的な向上に繋がっただけではなく、韓国語の習得に悪影響もなかったと報告されているからです。

英語教育の早期化で、今できること

まずは英語が楽しいと思えるように

低年齢からの英語必修化で保護者がサポートできることは、まずは「英語は楽しいものだ」という風に思える環境を作ることです。

正しい英語を身に着けることを重視するあまり、子どもに厳しく学習させてしまうと、英語が嫌いな子どもになってしまう可能性があるからです。好きこそものの上手なれ、という言葉があるように、英語学習が好きな子どもに育てることが大切でしょう。

そのためには、子どもが楽しめる方法で英語を学習させること、自然な形で身に着けられる学習方法を見つけること、英語学習によって子どもにストレスを感じさせないことなどがポイントです。

音を身につけさせられるなら、今

英語の音は日本語とは全く異なるものが多く、ある程度成長してしまった耳や脳では、聞き分けることが難しくなると言われています。英語のグラマーなどは子どもの年齢に合った教育を行えばよいのですが、英語の「音」に関しては、子どもの内に慣れておいた方が良いでしょう。

そして、英語の音に慣れることができたなら、それを日常的にアウトプットできる環境を整えてあげれば、英語の発音にも自然に親しんでいくことができます。

もちろん、英語の音を身に着けさせることについても、子どもが「英語は楽しい」と思えることが大前提です。小学校3年生からの英語必修化に向けて、早い段階から英語の音に慣れさせて、小学校での学習をスムーズなものにしてあげましょう。

管理人の紹介

管理人の紹介

学生時代から英語が苦手だった私。妊娠中から英語教材を使いはじめ、現在3歳になる息子は、英語のDVDの内容をちゃんと理解できるまでになっています。「無理せず楽しく学べるのが良いな」と教材を選びましたが、今では息子から進んでやりたいというようになっているので、これからも続けていこうと思っています。

Copyright (C)英語に強い子どもに育つ!幼児英語教材ランキング All Rights Reserved.