人気の幼児向け英語教材でバイリンガルを育てよう

アルク

胎児~3歳までの早期英語教育が評判の幼児用英語教材「アルク」の特徴や費用・内容、口コミ情報等を紹介します。

幼児英語教材「アルク」の特徴

  • 「英語の耳」を育む方法

幼児期は、耳が敏感なため、何もしなくても言葉をどんどん吸収する語学の黄金期。この時期に、日本語とは周波数帯の違う英語を繰り返し聞かせれば、英語を聞き取れる「魔法の耳」を自然に育むことができます。

アルクの「エンジェルコース」では、このメソッドを取り入れ、英語の耳づくりに適した教材を開発。また、同コースは今ある環境に英語を無理なくプラスするので、日本語習得に影響がでることはありません。1日30分~2時間程度、時間を決めて習慣づけることが大切です。

  • BGMのモーツァルトで効果アップ

「エンジェルコース」のCDの童話の読み聞かせや日常会話のコーナーBGMには、モーツァルトの楽曲を使用しています。数々のクラシック曲の中でもモーツァルトのリラックス効果の高さは有名で、記憶力や集中力のアップに効果があると言われています。

胎児にはお母さんの心理的影響も大きいと言われていますので、モーツァルトのリラックス効果がお母さんやお父さんにも伝わって、落ち着いたより良い環境の中でCDを聞かせてあげれば、さらに効果も高まるでしょう。ママが心地よいと感じる聞き方で、ヘッドフォンは使わず、おなかを音源に向けてスピーカーの近くに座って聞かせてあげると良いそうです。

  • 成長に合わせて使えるCD構成

「エンジェルコース」は、「マザーグースと遊び歌」「乳幼児がいる家庭の会話」「名作童話の読み聞かせ」の3種を取り入れ、6つのブックレットに分けて、それぞれに2枚のCDを配した構成となっています。テンポが良く、親子で楽しく口ずさんだり遊びながら英語特有のリズムを身に付けられる童謡や遊び歌をたくさん収録しています。

  • 【販売会社】株式会社アルク
  • 【費用】一般:31,320円(一般価格)
  • 【セット内容】CD12枚(各約30分)/おうちの方向けコースガイド1冊 /おうちの方向け講座ブックレット6冊/特製CDケース

「アルク」体験者の口コミ評判

CDを流すだけなので面倒が無く、子供と遊ぶ時に英語の歌を楽しむというスタンスだったので、気楽に続けることができました。私自身の英語の聞き取り能力が向上したような気がするのも嬉しかったです。(30代女性)

英語を聞き分ける力は、生まれて9カ月頃までに付くと聞き、出産前に子ども用の英語教材を準備しはじめました。妊娠中もほぼ1日かけ流していたためか、生後8か月頃から音楽に嬉しそうに体を揺らしたり、私が歌うとその音だけまねするときがあり、ちゃんと聞いているんだと実感しました。(30代女性)

胎動が激しくなってくると、CDが流れるたびに必ずお腹の中で大きく動くように。恐い場面が流れているシーンだったので、ちゃんと聞こえているんだ!と実感できました。これからも英語耳が育つことを期待して続けていきたいと思います。(20代女性)