人気の幼児向け英語教材でバイリンガルを育てよう

体験レポート

ここでは、赤ちゃんから英語力を身に付けられると口コミ評判の高い英語教材「パルキッズ」の管理人体験レポートを掲載します。

管理人と息子3歳のパルキッズ体験記録

パルキッズ体験記

私の英語力の拙さと言ったら本当にひどいもので、中学・高校時代の英語のテストの結果も惨憺たるもの…。両親が英語に拒否反応を示していたせいか、当時の私にとって、英語はまったく興味の無い教科でした。

ところが、大学生、社会人となって、海外旅行に行く機会があったり、仕事上どうしても英語の資料を読むことを避けられない状況に。学生時代にきちんと勉強をしてこなかったことを大後悔しました。

結婚し妊娠してからは、子供には絶対、英語で苦労をさせたくない、という思いが強くなっていったんです。

妊娠中から英語教育に関する書物を読んだり、インターネットで評判の良い幼児用の教材を探す中で出会ったのが、「パルキッズ」でした。船津洋先生の著書を読むことで、英語教育を早期から開始することの重要性を知り、すぐにでも始めたいと思いました。

パルキッズの良い点は、何といっても使い方が簡単なこと。CDのボタンをポンと押して再生し、それを何となく聞き流し、毎日5分程度のオンラインレッスンに楽しく取り組むだけで英語力が付くという優れものなので、面倒臭がりの私でも続けやすいと思ったのが、購入の最大の理由です。

その後、主人と相談して、まだ妊娠中でしたが教材を購入。胎教代わりに日々CDをかけ流すようにしました。といっても、仕事もしていたので聞いているのは家事をしながらがほとんど。何とはなしに聞き流していただけでしたが、歌のところで、おなかの赤ちゃんがポコポコと手足を動かすのが分かったりして、ちゃんと聞こえてるのかもしれない、とほんわかした気分になったのを覚えています。

パルキッズ体験談

息子が誕生してからも、かけ流しは習慣化してずっと続けました。0歳代ではもちろん効果は分からず、ただかけ流しているだけ。
本当に英語がインプットされているんだろうか?と不安になることもありましたが、ダメで元々、という気持ちで継続。すると、1歳半になってオンラインレッスンを始めたのと同時に、CDに合わせて時々英語の単語のような言葉を言い始めたんです。

言葉がはっきりしてくると、その様子はより顕著に。けして、CDの内容を子供が楽しんでいる、というようには見えないのですが、やっぱりいつの間にか脳に刻み込まれているようなのです。発音も聞いたまま言うので、ネイティブそのもの。とてもじゃないけれど私には真似ができません(笑)。

毎月CDと連動したオンラインレッスンに取り組むのですが、内容もきちんと定着している様子。3歳になった今では、CDを聞いているだけでも「としおは○○してるの?」と内容に沿った質問をしてくるようになりました。遊び感覚でできるのが楽しいのか、進んでやりたいと言っています

そろそろ「パルキッズ・キンダー」にステップアップしようかと考えていますが、これからの息子の英語の上達が本当に楽しみです。勉強をしなさいと厳しく言う気はないので、親の私も子供と一緒に楽しむという気持ちを忘れず、英語に親しんでいけたら、と思っています。

管理人おすすめの幼児英語教材パルキッズをもっと詳しく