TOP » 我が子にはどれが合う?英語教材の種類

我が子にはどれが合う?英語教材の種類

子ども英語教材には色々な種類がありますが、主なものとして「CD」「DVD」「テキスト」「オンラインレッスン」があげられます。

こちらでは、それぞれの英語教材について説明し、始めるべき年齢やメリット・デメリットについて紹介していますので、0歳~3歳のお子さんに英語を覚えさせたいと思っているママやパパは是非参考にして我が子にピッタリの子ども英語教材を見つけてあげてください!

子ども用英語教材の種類

CD

英語を学ばせるなら0歳から始めるのがベスト。それは0歳~3歳の間に様々な音を吸収する音に対する記憶力が最も高い時期だから。感覚的に物事を理解する右脳が最も発達するのは0歳~3歳なので、この時期に英語を聞かせてあげるとどんどん覚えていきます。日本語もわからないうちに英語を聞かせると日本語と混同してしまうのでは?と心配する方もいますが英語と日本語は周波数が違うので心配することはないそうです。この時期は聞いた音をスポンジのように吸収するので、遊んでいる時、食事中、入浴時など、いつでもCDの英語をBGMのように流して沢山の英語に触れさせて英語に慣れるようにしてあげましょう。

CDの最大のメリットはどこにでも持ち運べて、どこでも聴くことができるということです。車の中や旅行先のホテルなどで英語のシャワーを浴びることで多くの英語がインプットされます。またCDは流しておくだけで耳に入ってくるので興味なさそうでも、いつのまにか聞いた英語や歌を口ずさむようになり自然と英語が身につきます。

デメリットは教材費用がかかること、親がCDを選んで流してあげる必要があること、壊したりメディアが劣化したりして再生できなくなってしまうこともあります。

CDの幼児用英語教材について詳しく

DVD

DVDの英語教材を始めるなら0歳~1歳頃が良いのだそう。まだ自分の気持ちを言葉で伝えることができませんが最も右脳の発達する時期なので、見たり聞いたりしたことをどんどん吸収します。この頃から英語に触れることで自然と英語が吸収され蓄積されます。少しずつ言葉が話せるようになる1歳~2歳頃になると画像を見ながら英語で歌ったり踊ったりし、英語のフレーズや英単語も話すようになります。この時期くらいからDVDを見ながら英語を学ぶのが楽しいと思い始めます。

DVD子ども英語教材の最大のメリットは英語のフレーズや英単語とリンクした画像を見られることです。DVDを見ながら学ぶことで外国の言葉だけでなく独自文化なども知ることができるため視野が広がります。またボディランゲージや表情を見ながら英語特有の表現方法や言い回しを学習することは日本人にない感覚や考え方が育っていきますし、意思や感情をストレートに表現する英語を学ぶことでコミュニケーション能力も上がります。CD同様どこにでも持ち運べるので、いつでもどこでも気軽に視聴できることもメリットです。デメリットはCD同様教材費用がかかることやメディアを壊してしまったり劣化によって視聴できなくなることです。

また日本語と違って感情や意思をストレートに表現する英語を子どものうちから身につけることでコミュニケーション能力もアップしていくので、小学校、中学校、大学と進んで行く中だけでなく、将来大人になっても色々な場面で活かされることが期待できます。

DVDはCDと同様、どこにでも持ち運べるので、旅行先のホテルや移動する交通機関の中でも手軽に視聴することができるというメリットもあります。

デメリットは、こちらもCDと同じく教材費用がかかること、落として壊してしまったりメディアが劣化したりして視聴できなくなってしまうことなどがあげられます。

DVDの幼児用英語教材について詳しく

テキスト

言葉で自分の意思や気持ちを伝えることはまだできませんが、0歳~3歳の赤ちゃんは右脳が最大に働く時期なので、BGMのように英語の音をかけ流しているだけで、どんどん英語を脳にインプットします。この頃から英語に慣れ親しんでおけば自然と英語を聞き分ける英語耳ができるので日本人が苦手なRとLの違いも問題なく聞き分けられるようになるのだとか。

赤ちゃんが耳にする最初の英語にはママの優しい声で絵本を読み聞かせてあげましょう。ママの声は赤ちゃんの耳に心地よく聞こえるので英語吸収力が上がり、ママと赤ちゃんの絆も深まります。

子ども英語で重要なのは子どもが興味を持ってくれることですが、テキスト英語教材のメリットは並べて置くことができるので子どもが興味のあるものを視覚的に選べることです。デメリットは置き場所が必要であること、子ども本には落書きしたり破いたりするので長持ちしないということなどがあります。

テキストの幼児用英語教材について詳しく

オンラインレッスン

オンライン子ども英会話はもともとフィリピンから始まったもので、パソコンとスカイプを使い講師と1対1で英会話レッスンを受けるものです。講師の多くがフィリピン人で他の講師も英語が母国語でない外国人のことが多いです。オンライン英会話は、まだ日本語も上手く話せず意思表示のできない0歳~3歳の子どもには向いていませんが、始めるなら日本語もわかって意思も表現できるようになっている4~6歳くらいが最適です。楽しみながら会話のやりとりをして英語をどんどん身につけていきます。

一番のメリットは英会話教材や英会話スクールにくらべて価格が安いということです。また英会話スクールのように親の送迎が不要、レッスンを受けている子どもの姿を見られる、マンツーマンなので、わかるまで教えてくれるなどのメリットもあります。

デメリットはフィリピン訛りの講師がいたり、日本語が話せない講師がいたり、やる気のない講師がいたり、と講師の質がわからないこと、ネット環境がないと受講することができないことなどです。

オンラインレッスンの幼児英語について詳しく

マンツーマンレッスン

マンツーマンレッスンは、1人の子どもにつき1人の講師が付くというスタイルのレッスンです。1人の子どもに集中して指導できるため、その子に合わせたレッスンができます。その子の歩調に合わせた教育が期待できるため、子どもが授業に置いていかれる心配もありません。

メリットがとても大きく思えるマンツーマンレッスンですが、1人の講師を専有する分授業料が割高になります。

マンツーマンレッスンの幼児英語について詳しく

管理人の紹介

管理人の紹介

学生時代から英語が苦手だった私。妊娠中から英語教材を使いはじめ、現在3歳になる息子は、英語のDVDの内容をちゃんと理解できるまでになっています。「無理せず楽しく学べるのが良いな」と教材を選びましたが、今では息子から進んでやりたいというようになっているので、これからも続けていこうと思っています。

Copyright (C)英語に強い子どもに育つ!幼児英語教材ランキング All Rights Reserved.