TOP » 我が子にはどれが合う?英語教材の種類 » CD

CD

こちらではCDによる子供英語教材について説明し、メリット・デメリットについても紹介しています。

CDによる子供英語教材なら0歳から始められる

英語を学ばせるなら、なるべく早いうちにという話を良く耳にしますが、いつから始めて、どんな教材を使えばいいのかわからないという方も多いです。実は英語を学ばせるなら0歳から始めるのが一番良いのです。それは0歳から3歳の間は様々な音を吸収する最も音に対する記憶力が高い時期だからです。そんなに小さいのに勉強させるのがかわいそうだと言う方もいますが、幼児は英語のCDや音楽がかかっていても辛いと思うことはありません。

物事を感覚的に理解する右脳が一番能力を発揮できるのは0歳から3歳で、この時に英語を耳にすると理屈抜きで覚えてしまいます。赤ちゃんが日本語を覚える過程を考えるとわかると思いますが、このことが英語にもあてはまるのです。そんな時期に日本語と英語を聞かせたら何がなんだかわからなくなってしまうのではないかと思われる方もいるかもしれませんが、日本語と英語は周波数が違うのでちゃんと聞き分けられるので心配ないと言われています。

実際、異なる言語を話す両親を持ち、小さい頃から複数の言語を聞いたり話したりしているうちに両方の言葉を話せるようになったという子供たちも沢山います。 0歳~3歳の頃は耳から聞いた音をどんどん吸収していく時期なので、とにかく沢山の英語に触れることが重要です。CDであれば、遊んでいる時や食事中、入浴時など、いつでもBGMのように流しておくことができます。

CDのメリットとデメリット

CDのメリットはどこにでも持ち運べることです。車の中でも、旅行先のホテルでも、どこでも聴くことができます。英語をシャワーのように浴びせることで脳の中に多くの英語をインプットできます。またCDは流しておくだけで自然と耳に入ってくるというメリットもあります。特に興味なさそうに見えても、いつのまにか英単語を口にしたり、英語の歌を口ずさんだりするようになり自然と英語が身につくというメリットもあります。

デメリットは教材費用がかかること、親がCDを選んで流してあげる必要があること、落として壊したりメディアが劣化したりして再生できなくなってしまうこともあります。

管理人の紹介

管理人の紹介

学生時代から英語が苦手だった私。妊娠中から英語教材を使いはじめ、現在3歳になる息子は、英語のDVDの内容をちゃんと理解できるまでになっています。「無理せず楽しく学べるのが良いな」と教材を選びましたが、今では息子から進んでやりたいというようになっているので、これからも続けていこうと思っています。

Copyright (C)英語に強い子どもに育つ!幼児英語教材ランキング All Rights Reserved.