TOP » 我が子にはどれが合う?英語教材の種類 » CD

CD

こちらではCDによる子供英語教材について説明し、メリット・デメリットについても紹介しています。

CDによる子供英語教材なら0歳から始められる

英語を学ばせるなら、なるべく早いうちにという話を良く耳にしますが、いつから始めて、どんな教材を使えばいいのかわからないという方も多いです。実は英語を学ばせるなら0歳から始めるのが一番良いのです。それは0歳から3歳の間は様々な音を吸収する最も音に対する記憶力が高い時期だからです。そんなに小さいのに勉強させるのがかわいそうだと言う方もいますが、幼児は英語のCDや音楽がかかっていても辛いと思うことはありません。

物事を感覚的に理解する右脳が一番能力を発揮できるのは0歳から3歳で、この時に英語を耳にすると理屈抜きで覚えてしまいます。赤ちゃんが日本語を覚える過程を考えるとわかると思いますが、このことが英語にもあてはまるのです。そんな時期に日本語と英語を聞かせたら何がなんだかわからなくなってしまうのではないかと思われる方もいるかもしれませんが、日本語と英語は周波数が違うのでちゃんと聞き分けられるので心配ないと言われています。

実際、異なる言語を話す両親を持ち、小さい頃から複数の言語を聞いたり話したりしているうちに両方の言葉を話せるようになったという子供たちも沢山います。 0歳~3歳の頃は耳から聞いた音をどんどん吸収していく時期なので、とにかく沢山の英語に触れることが重要です。CDであれば、遊んでいる時や食事中、入浴時など、いつでもBGMのように流しておくことができます。

CDのメリットとデメリット

メリット

CDは他の教材に比べてメリットが豊富だと言えます。手軽さや学習のし易さ、取り扱いの簡単さなどが特徴なので、とてもおすすめの教材です。

CDの一番のメリットは、BGMとして流しておくだけで、自然と英語が耳に入っていくということです。CDをかけている時の子供を見ると、一見興味がなさそうに見えるかもしれませんが、英語の「音」は確実に子供の耳に届いています。吸収力が高いうちにたくさんの英語の音に触れることで、脳の中に英語をインプットできるでしょう。

また、CDの音による学習法はとても自然なので、子供に無理な学習を強いる必要もありません。耳から入ってきた音は自然と子供の記憶に残り、いつの間にか英単語を口にしていた、英語の歌を口ずさんでいた、というケースも多いようです。

さらに、取り扱いの簡単さもCDの魅力です。薄くて小さいのでどこにでも持ち運べますし、音楽のように流しておくだけで良いので、場面を問わずに学習が可能。プレイヤーさえあれば、車の中、移動中、旅行先、外出先などでも聞くことができます。

デメリット

CDは豊富なメリットを持った教材ですが、当然、デメリットも存在します。致命的なデメリットと言えるほどのものではありませんが、これらのポイントも覚えておくべきでしょう。

当然、CDは購入のために費用が必要になります。メディアであるため、テキストなどと比較すると少々高額に感じられる場合もあるでしょう。できるだけ教材費を抑えたいという方にとっては、CDをたくさん用意しなければならない英語教育は、金銭的な負担が大きくなってしまう可能性もあります。

また、小さな子供一人でCDを再生させることは難しいので、親がCDを選んで、プレイヤーで流してあげるというひと手間が必要です。家事や育児、その他の用事などで忙しい毎日を送っていると、ついつい、そのひと手間が面倒だと感じられることもあるでしょう。

そして、CDは意外と簡単な傷でも再生できなくなる場合があります。特に小さな子供は物の扱いが丁寧ではありませんから、CDで遊んだり、落としたりして、壊してしまうリスクも考えられるでしょう。ですが、パソコンに取り込んでデータとして残しておけば、この点は克服できます。

パルキッズを利用した保護者の口コミ

パルキッズでの学習を楽しみにしているようです

うちの子は幼児期からパルキッズを始めて、現在2年目になります。オンラインのレッスンを始めたところで、途中で学習に飽きたりすることもあるようですが、マイペースに続けさせています。

その結果、本人が好きな話はセリフの一部を覚えて話せていることもあり、「ちゃんと英語が身についているな」という手応えを感じています。

子ども自信も、「早く次のをやりたい!」と言っていて、楽しんで英語学習ができていることが何よりです。

現在英検2級を目指して学習しています

口コミで評判の良かった「パルキッズ・ジュニア」でずっと英語を学習していました。現在7歳になりますが、英検準2級に合格したので、2級を目指してさらに英語の学習を進めているところです。

学習は、CDの音声に合わせて、英文を読んでいるだけに見えます。この学習法でどうして英語の能力が身につくのか…と不思議ですが、それだけ効果的に作られているということだろうと思います。

おすすめの幼児向けCD英語教材

パルキッズ

パルキッズのCD教材は、かけ流し効果が抜群だと言われています。その効果は、小学生で英検2級合格レベルの学習ができると言われるほどなので、小さなうちから高度な英語力を身に着けることができるでしょう。

CDを流すだけで効率的な英語学習が可能

この教材はCDをメインにして作られており、1日90分かけるだけで英語学習の効果が期待できます。しかも、子供に「聞かせる」必要もないため、食事中や遊んでいる時に、ただCDを流しておくだけで学習ができるという優れもの。「音」として耳から入れるだけで、効率的に英語学習ができるようなプログラムとなっています。1日に合計90分再生できれば良いので、まとめて90分の時間が取れない時でも、30分3セットなどでも学習ができる柔軟性のある教材です。

長く使えて家計にも優しい

パルキッズでの英語学習は、年齢によって使う教材が変わってきますが、CDに関してはかなり長い間利用できるというメリットもあります。その対応年齢は0~8歳までと幅広く、せっかく買った教材がすぐに使えなくなるという心配もありません。同じCDを長く利用できるため、家計への負担も軽減できます。

ディズニーの英語システム

ディズニーの英語システムは、「子供が楽しみながら学習できる」ということをコンセプトにしており、保護者からも根強い人気を誇ります。何といっても、子供からの人気が高いディズニーのキャラクターを使っているという点が、最大の魅力と言えるでしょう。

英語の歌で楽しく学習ができる

ディズニーと言えば英語の歌、というイメージを持っている方も多いと思います。ディズニーの英語システムの教材でも、やはり英語の歌は取りいれられており、その曲数はなんと131曲にも及びます。CDに収録されている歌は文法にもこだわっているため、歌を覚えるだけで、高校生レベルの文法が学べるという仕組みです。CDをかけ流しておけば、子供は自然と耳から入ってきた音楽を覚えるだけではなく、英語独特のリズムも習得することができます。

絵本との連動や朗読CDもあり

ディズニーの英語システムでは、絵本と連動したものや、朗読CDなど、歌以外のCDも用意されています。CDを聞きながら絵本を読めば、文字や文法、単語の理解を深めることができ、朗読CDでは会話のように話すレッスンができます。いずれも、文法やネイティブな発音にこだわっているところが特徴です。

アルク 子供英語

アルクの子供英語のエンジェルコースは、胎児期から使える超早期英語学習教材です。対象としている年齢は3歳までと、幼児期の学習をメインにしているため、かけ流しておくだけで英語学習が可能となります。また、アメリカ英語ではなく、イギリス英語を採用している点も特徴的です。

子供が大好きな童話やマザーグースを収録

CDの中に収録されているのは、子供が大好きな「白雪姫」「小人と靴屋」などの童話や、「Tickly, Tickly, in Your Hand」といったマザーグースです。かけ流すだけで学習ができるタイプの教材ではありますが、童話にはテキストもついてくるので、小さなうちはマザーグースを流して、2~3歳程度にはテキストを使いながら童話を聞く、といった使い分けができるでしょう。

BGMにこだわって記憶力&集中力アップ

アルクの子供英語が他の英語教材と違う点は、BGMにモーツァルトが使われているという点です。モーツァルトの曲は、脳をリラックス状態にする効果があることで有名ですが、リラックスした状態の子供は、集中力と記憶力がアップすると言われています。リラックス状態を意図的に作り出すことで、さらに英語学習の効率を上げることができるのです。

今ならスマホアプリでも!

最近、大人の英語学習ツールとしても高い人気を誇っているのが、スマホアプリです。もちろん、子供の英語学習用のアプリも開発されていて、アプリのストアから購入するだけで英語学習が始められます。英語学習用の教材も販売している「こどもちゃれんじ」では、子供に大人気のしまじろうを使ったアプリを提供していて、保護者の方からも注目が集まっているようです。

アプリでの学習について

スマホアプリでの英語学習は、定期的に違うコンテンツが配信されるところが特徴的です。そのため、子供が教材に飽きてしまうということもなく、いつでも新鮮な気持ちで、楽しく英語学習ができるようになるでしょう。アプリなので購入のためのコストも少なくて済み、手軽に始められるところが魅力的です。

ですが、スマホアプリでの学習をするということは、子供にスマホを使わせるということです。スマホの使い方を知った子供は、スマホ依存症になってしまうケースもあるため、保護者がしっかりと管理する必要があります。使い方によっては大変便利なアプリでの英語学習ですが、CDやDVD、テキストなどと組み合わせて、スマホに集中させすぎないことが大切でしょう。

管理人の紹介

管理人の紹介

学生時代から英語が苦手だった私。妊娠中から英語教材を使いはじめ、現在3歳になる息子は、英語のDVDの内容をちゃんと理解できるまでになっています。「無理せず楽しく学べるのが良いな」と教材を選びましたが、今では息子から進んでやりたいというようになっているので、これからも続けていこうと思っています。

Copyright (C)英語に強い子どもに育つ!幼児英語教材ランキング All Rights Reserved.