TOP » 我が子にはどれが合う?英語教材の種類 » YouTube

YouTube

このページでは、YouTubeを教材として活用する幼児英語学習について、メリットやデメリット、動画を選ぶ際の注意点などを紹介しています。

YouTubeを利用した幼児英語学習のメリット

日本語とは違う周波数を持つ英語を聞き取れる耳を養うためには、やはり、幼いときに英語がたっぷりと流れている環境におかれることが大切です。それを可能にする幼児英語教材は数多く販売されています。魅力的なキャラクターや内容の充実したストーリーブックなど、ハイクオリティーなものが多いのは確かです。けれども、子どもが果たしてそれを気に入るかどうか…という点では、試してみるまでわからないという問題があります。

一方で、YouTubeを利用して英語を身に付けさせようとする場合は、あまり子どの興味を引きつけられなかった動画はすぐにやめて、ピッタリのものを探すことができます。アニメーション、実写、あるいは歌など、さまざまなジャンルの中から、自由に選びたい放題です。YouTube動画の「無料で視聴できる」という特性を最大限に活用できるわけです。もちろん、子どもが気に入って自分で選んだ動画であっても、繰り返して何度も視聴を続ければ、いずれは飽きがくるかもしれません。その場合も、また新しいものをさがすだけなので、経済的な負担がないという意味では、とても気軽に利用できる教材であることに間違いありません。

また、動画は1本1本が短い作りになっているコンテンツが多いため、集中力を保ちつつ、自然に英語を身につけるのに適しているといえます。

YouTubeを利用した幼児英語学習のデメリット

YouTube動画を利用して学習する場合のデメリットとしてあげられるのは、「動画のクオリティーは千差万別」だという点です。一般的に、有料で取り寄せるような幼児英語教材の場合、教材の内容は教育の専門家などが監修しているものが多いです。幼児が英語を習得するメカニズムを研究した上で、カリキュラムがしっかりと構成されています。一方で、YouTube動画では、そうではない場合がありますし、制作にたずさわったスタッフや使用した資料などについての情報があいまいなケースもみられます。広告収入を得るために、教育の視点というよりもエンターテイメント性を重視したコンテンツになっている動画もあります。子どもに、一歩ずつ着実に英語力を身につけていってもらいたい場合には不向きな動画も少なくないといえるでしょう。

また、動画によっては、幼い子どもが視聴するには適さない内容が含まれている可能性も否定できません。あるいは、日本の文化にはそぐわない、例えば銃をつかったシーンなどが含まれているアニメーションもあるため、注意が必要です。

さらに、YouTubeのサイトでは、動画を1本見終わると、類似コンテンツの動画がおすすめとして次々に画面に表示されてしまうため、子どもはいつまでも動画を見続けてしまう可能性があります。

YouTube動画を利用するときのポイント

YouTube動画のメリットをそのまま生かし、デメリットをできる限り避けるために、おすすめの方法があります。それは、つねに保護者と一緒に視聴する方法です。保護者の目が行き届いていれば、あまりリスニング力や英語力を伸ばす効果が期待できそうもない動画や、バイオレンスシーンなどが含まれる動画をスキップし、他の役立つ動画のみを選択できます。

1本の動画を見終わったあとにほぼエンドレスに表示され続けるおすすめ動画をだらだら見続けてしまう状態を防げます。あまり何本も見続けると、時間の問題だけではなく、ブルーライトなど、子どもの目の健康にも悪影響を与えかねないため、適当なところで視聴をいったん中断させることが大切です。

おすすめのYouTube動画

高い支持を得ている人気の動画をいくつかご紹介します。幼児英語を学習するための動画選びで迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

Pin kfong! Kids' Songs & Stories

Pink fong! Kids' Songs & Stories のSing and Master the Alphabet From A to Z! は、楽しくアルファベットを学べる英語の歌の動画です。タイトルの通り、AからZまで、それぞれのアルファベットごとに歌が繰り返されます。最初に大文字と小文字、次にそのアルファベットから始まる4つの単語が紹介されます。一定の長さがあるの歌の中で、大小文字と単語が、自然な流れの中で何度も繰り返し歌われます。アニメーションと歌詞が合致しているので、毎回理解を深めながら、くりかえして楽しく視聴できるのが魅力です。

子どもを飽きさせないための工夫もこらされています。例えば、歌を歌っているのが子どもである点と、アニメーションを生き生きとさせる豊富な効果音がふんだんにつかわれている点が、動画のクオリティーをさらに高めています。アルファベットをマスターさせたい場合や、それぞれのアルファベットを用いた単語をいくつかずつマスターさせたい場合にピッタリのYouTube動画です。

Cocomelon-Nursery Rhymes

Cocomelon-Nursery RhymesのABC Song with Balloonsでは、かわいらしい3D画面に乗せて、英語の歌が何曲も流れます。累計再生回数が1億回を超えている、大人気の動画です。最初は、有名な『きらきら星』に合わせたアルファベットの歌になっています。頭に入りやすくなるように何度もくりかえし流れるので、「かなり初級用かな」と感じられるのですが、英語のフレーズがたくさん使われる英語の歌もこの動画の中に含まれているため、ある程度の英語力がある子どもも充分に楽しめるコンテンツになっています。

この動画は1時間の再生時間を要するため、かなり長めですが、魅力的でカラフルな3Dの映像は、子どもの興味をずっと引きつけ続けられそうです。あまり長時間視聴を続けさせるのに抵抗がある場合は、お気に入りの曲が流れる部分の時間をメモしておき、そこを中心的に楽しむのもおすすめの方法です。

Maisy Mouse

Maisy Mouse は、主役のネズミMaisyのさまざまなエピソードを描いたかわいいアニメです。友達と遊ぶエピソードが中心です。キャラクター達も英語を話しますが、それとは別にナレーターによる状況説明の短い英語フレーズも入ります。

英語がほとんどわからない子どもでも、かわいらしいアニメーションに魅了されて何度も視聴するうちに、いくつかの単語やフレーズが身に付くでしょう。また、簡単なフレーズを理解できる子どもであれば、キャラクターとナレーター、そしてきめ細やかに変化していく画面をリンクしながら理解できるため、しっかりと内容をつかめるようになっています。

Caillou

もともとカナダで制作されたテレビアニメです。主人公は4歳の少年Caillouです。クリアな発音で次々にセリフが流れていきます。英語が全くわからないと、少したいくつしてしまうかもしれませんが、断片的にでも聞き取れるレベルがあれば、充分に楽しめる英語のアニメです。

また、内容は、楽しいだけの物語ではなく、社会のさまざまな事象や決まりごと、人とのやりとりの仕方などを同時に学んでいける内容になっています。1話の長さが5分程度とコンパクトです。そのため、完全に聞き取りたい場合など、何度も繰り返して視聴するのに最適です。

Ben and Holly’s Little Kingdom

Ben and Holly’s Little Kingdomは、1話あたりおよそ10分のアニメです。ほがらかでかわいいだけではない個性的なエピソードや、魅力的ながらも味のあるイラストの雰囲気などが特徴的です。大人でも充分楽しめる構成になっているため、一緒に視聴しながら学びたい場合にもおすすめです。

やや難易度の高い文法や長めのセリフも含まれているため、子どもとしては高めの英語力が必要となります。また、イギリス英語なので、アメリカ英語ではあまり出会わない表現も多数登場します。幅広い英語表現を身につけるという観点からも、すぐれた内容になっています。基本事項をひととおり習得し終わった、やや上級者用の動画だといえます。

管理人の紹介

管理人の紹介

学生時代から英語が苦手だった私。妊娠中から英語教材を使いはじめ、現在3歳になる息子は、英語のDVDの内容をちゃんと理解できるまでになっています。「無理せず楽しく学べるのが良いな」と教材を選びましたが、今では息子から進んでやりたいというようになっているので、これからも続けていこうと思っています。

Copyright (C)英語に強い子どもに育つ!幼児英語教材ランキング All Rights Reserved.