TOP » 我が子にはどれが合う?英語教材の種類

我が子にはどれが合う?英語教材の種類

子ども英語教材には色々な種類がありますが、主なものとして「CD」「DVD」「テキスト」「オンラインレッスン」があげられます。

こちらでは、それぞれの英語教材について説明し、始めるべき年齢やメリット・デメリットについて紹介していますので、0歳~3歳のお子さんに英語を覚えさせたいと思っているママやパパは是非参考にして我が子にピッタリの子ども英語教材を見つけてあげてください!

子ども用英語教材の種類

CD

英語を学ばせるなら0歳から始めるのがベスト。それは0歳~3歳の間に様々な音を吸収する音に対する記憶力が最も高い時期だから。感覚的に物事を理解する右脳が最も発達するのは0歳~3歳なので、この時期に英語を聞かせてあげるとどんどん覚えていきます。日本語もわからないうちに英語を聞かせると日本語と混同してしまうのでは?と心配する方もいますが英語と日本語は周波数が違うので心配することはないそうです。この時期は聞いた音をスポンジのように吸収するので、遊んでいる時、食事中、入浴時など、いつでもCDの英語をBGMのように流して沢山の英語に触れさせて英語に慣れるようにしてあげましょう。

CDの最大のメリットはどこにでも持ち運べて、どこでも聴くことができるということです。車の中や旅行先のホテルなどで英語のシャワーを浴びることで多くの英語がインプットされます。またCDは流しておくだけで耳に入ってくるので興味なさそうでも、いつのまにか聞いた英語や歌を口ずさむようになり自然と英語が身につきます。

デメリットは教材費用がかかること、親がCDを選んで流してあげる必要があること、壊したりメディアが劣化したりして再生できなくなってしまうこともあります。

CDの幼児用英語教材について詳しく

DVD

DVDの英語教材を始めるなら0歳~1歳頃が良いのだそう。まだ自分の気持ちを言葉で伝えることができませんが最も右脳の発達する時期なので、見たり聞いたりしたことをどんどん吸収します。この頃から英語に触れることで自然と英語が吸収され蓄積されます。少しずつ言葉が話せるようになる1歳~2歳頃になると画像を見ながら英語で歌ったり踊ったりし、英語のフレーズや英単語も話すようになります。この時期くらいからDVDを見ながら英語を学ぶのが楽しいと思い始めます。

DVD子ども英語教材の最大のメリットは英語のフレーズや英単語とリンクした画像を見られることです。DVDを見ながら学ぶことで外国の言葉だけでなく独自文化なども知ることができるため視野が広がります。またボディランゲージや表情を見ながら英語特有の表現方法や言い回しを学習することは日本人にない感覚や考え方が育っていきますし、意思や感情をストレートに表現する英語を学ぶことでコミュニケーション能力も上がります。CD同様どこにでも持ち運べるので、いつでもどこでも気軽に視聴できることもメリットです。デメリットはCD同様教材費用がかかることやメディアを壊してしまったり劣化によって視聴できなくなることです。

また日本語と違って感情や意思をストレートに表現する英語を子どものうちから身につけることでコミュニケーション能力もアップしていくので、小学校、中学校、大学と進んで行く中だけでなく、将来大人になっても色々な場面で活かされることが期待できます。

DVDはCDと同様、どこにでも持ち運べるので、旅行先のホテルや移動する交通機関の中でも手軽に視聴することができるというメリットもあります。

デメリットは、こちらもCDと同じく教材費用がかかること、落として壊してしまったりメディアが劣化したりして視聴できなくなってしまうことなどがあげられます。

DVDの幼児用英語教材について詳しく

テキスト

言葉で自分の意思や気持ちを伝えることはまだできませんが、0歳~3歳の赤ちゃんは右脳が最大に働く時期なので、BGMのように英語の音をかけ流しているだけで、どんどん英語を脳にインプットします。この頃から英語に慣れ親しんでおけば自然と英語を聞き分ける英語耳ができるので日本人が苦手なRとLの違いも問題なく聞き分けられるようになるのだとか。

赤ちゃんが耳にする最初の英語にはママの優しい声で絵本を読み聞かせてあげましょう。ママの声は赤ちゃんの耳に心地よく聞こえるので英語吸収力が上がり、ママと赤ちゃんの絆も深まります。

子ども英語で重要なのは子どもが興味を持ってくれることですが、テキスト英語教材のメリットは並べて置くことができるので子どもが興味のあるものを視覚的に選べることです。デメリットは置き場所が必要であること、子ども本には落書きしたり破いたりするので長持ちしないということなどがあります。

テキストの幼児用英語教材について詳しく

オンラインレッスン

オンライン子ども英会話はもともとフィリピンから始まったもので、パソコンとスカイプを使い講師と1対1で英会話レッスンを受けるものです。講師の多くがフィリピン人で他の講師も英語が母国語でない外国人のことが多いです。オンライン英会話は、まだ日本語も上手く話せず意思表示のできない0歳~3歳の子どもには向いていませんが、始めるなら日本語もわかって意思も表現できるようになっている4~6歳くらいが最適です。楽しみながら会話のやりとりをして英語をどんどん身につけていきます。

一番のメリットは英会話教材や英会話スクールにくらべて価格が安いということです。また英会話スクールのように親の送迎が不要、レッスンを受けている子どもの姿を見られる、マンツーマンなので、わかるまで教えてくれるなどのメリットもあります。

デメリットはフィリピン訛りの講師がいたり、日本語が話せない講師がいたり、やる気のない講師がいたり、と講師の質がわからないこと、ネット環境がないと受講することができないことなどです。

オンラインレッスンの幼児英語について詳しく

マンツーマンレッスン

マンツーマンレッスンは、1人の子どもにつき1人の講師が付くというスタイルのレッスンです。1人の子どもに集中して指導できるため、その子に合わせたレッスンができます。その子の歩調に合わせた教育が期待できるため、子どもが授業に置いていかれる心配もありません。

メリットがとても大きく思えるマンツーマンレッスンですが、1人の講師を専有する分授業料が割高になります。

マンツーマンレッスンの幼児英語について詳しく

英会話ロボット

英会話ロボットは、子どもの英語力を高めてくれる教材のひとつです。近年では、さまざまな種類の高機能ロボットが市販されています。ネットと接続することで、かなり高いレベルの英語学習や英会話に対応可能なものもあり、長期間の学習に利用可能です。また、人工知能脳が搭載されたロボットであれば、子どもと一緒に少しずつ英語力がアップしていくため、ストレスなく学習を進められるでしょう。英語のスピーキング力を鍛えるために有効な幼児英語の教材であるといえます。

英会話ロボットについて詳しく

英語学習向けの絵本

教科書と異なり英語の絵本は、ネイティブスピーカーが実際に話すようなフレーズが使われている点が特徴的です。そのため、自然な日常会話を身につけられます。海外の文化などもあわせて学べる内容のものも多い傾向にあります。あまり英語を理解できなくても、魅力的なイラストが、子どものやる気を引き出してくれるのも大切な要素です。

ただし、絵本単体では、ひとつのストーリーしか含まれていないため、一般的な英語教材ほどにはカリキュラムが厳密に組まれていません。あくまでも英語学習をサポートするツールだと認識しておきましょう。

英語学習向けの絵本について詳しく

英語アプリ

遊んでいる感覚のまま、子どもが英語を学習できるアプリです。内容はさまざまで、音楽がメインのものや、本として楽しめるもの、ゲーム感覚で学べるものなどがあります。英語教材において大切な「子どもの興味を引き続けられる」ように工夫されている、とても優秀な英語教材だといえます。

また、英語教材の中でも料金が控えで、ダウンロードするだけで利用をスタートできる手軽さも魅力的です。ただし、スマホなどの画面を長時間見続けていると、ブルーライトなどの悪影響が心配という方は、時間を制限するなど、使用方法に注意しましょう。

英語アプリについて詳しく

幼児英語向けのYouTube

YouTube動画は、子どもの立派な英語教材として活用できます。歌やアニメーションが、さまざまなレベルやテイストで展開されているので、子どもの好みやレベルにピッタリの動画を見つけられるでしょう。

動画のクオリティーにはばらつきがあるので、内容をしっかりチェックしてから子どもに視聴させるのがおすすめです。たとえ選んだ動画が子どもにしっくりこず、すぐに飽きてしまったとしても、無料なので経済的なダメージをありません。

幼児英語向けのYouTubeについて詳しく

幼児向けのタブレット英語学習

遊び感覚で英語学習できるデバイスにタブレットがあります。タブレットは、iPadやAndroid のような大人と共用できるものと、幼児から小学生が使える学習専用のタブレットに分けられます。学習専用タブレットは時間制限が設けてあったり、英語以外の教科もバランスよく学べるので特におすすめです。

タブレット学習はゲーム感覚で楽しめるよう工夫されているので、成績アップにつながるとのデータがある一方で、視力低下や姿勢が悪くなるのが懸念されます。お子さんの英語学習にタブレットを使おうか迷っている方は、タブレット学習のメリットとデメリットを理解して上手に活用しましょう。

幼児向けのタブレット英語学習について詳しく

英語教材としての絵本を上手に使うには?

子どもの英語教材用絵本の選び方

英語絵本は、魅力的な絵を楽しみながら、英語を学べるという点において、優秀な教材のひとつです。子供のために英語教材用の本を選ぶときは、絵だけでなく、心地よいリズム感を意識した文章や韻を踏んだ文章など、英文自体をも楽しめるものがおすすめです。

また、できればシリーズになっている絵本をチョイスするのがよいでしょう。シリーズものであれば、ひとつのキャラクターや主人公に対する興味も、読みすすめていくと同時に高まっていきます。友達になったような気持ちになり、より一層物語に引き込まれやすくなるでしょう。

ただ、ひとつ注意しておきたい点があります。それは、冊数をこなすのではなく、「じっくりと読み聞かせた本の冊数」が、英語学習においては大切であるということです。

「自分が英語に対して苦手意識があるけれど…」という方も心配無用

自分が英語を朗読するのを苦手としていても、子どもが英語絵本を使って学ぶことは可能です。上述のような内容を意識しつつ、普通の英語絵本にプラスしてオーディオブックを導入する方法もあります。あるいは、CDが付属している教材を試してみるのもひとつの手です。自身がネイティブな発音ができなくても、音源がそのサポートとして役立ちます。

英語絵本を子どもに読み聞かせる際のポイント

英語絵本を教材として利用するときに、ぜひ実行したいのが、「一冊の絵本を、複数回にわたって毎日読み聞かせること」です。一日あたりにかける時間は30分間~1時間程度を目安にするとよいでしょう。

読み聞かせをする際は、「今から勉強をする時間だから、きっちり気持ちを入れ替えさせなくては」といったような、特別な姿勢でのぞむ必要はありません。子どもには、「英語=勉強」という感覚よりも、「英語=日常生活の一部分」という感覚をもってもらうほうが、長続きをさせるためにも効果的です。

子どもへのバイリンガル教育は不安?

母国語である日本語が、まだまだ不完全な状態の幼い子どもに、英語の読み聞かせをする場合についてはどうでしょうか。親は、英語と日本語のバイリンガル教育に興味があっても、「まずは日本語をしっかりと学ばせるのが先決では?」と不安に感じる方も多いかもしれません。

けれども、日本語と英語など複数の言語を話せる子どものほうが、ひとつの言語のみを話す子どもよりも高いコミュニケーション能力をもっていることが、シカゴ大学の研究でも、古くから明らかにされています。ですから、あまり心配しすぎずに、気軽に楽しく英語絵本の読み聞かせなどを、とりあえず日常生活に取り入れてみるのがおすすめです。

英語絵本を効果的に読み聞かせる方法

繰り返しになりますが読み聞かせを通して、子どもの英語力をアップさせるためにとても大切なのは「継続して続けること」です。英語に限らず、外国語を自然に使えるようになるには、時間がかかります。「毎日読み聞かせをしているのに、なかなか思うような上達がみられない」など、焦ったりり簡単に諦めたりしないようにしましょう。親にできるのは主に、子どもが読み聞かせを楽しく感じて、自主的に学びたいと思えるよう導いたりサポートしたりすることだけなのです。

ここでは、毎日の読み聞かせを、より効果的に行なうために、ぜひおさえておきたい2つのコツについて説明していきます。

コツその1.便利なアイテムを英語教材として活用

子どもに英語絵本を読み聞かせるとはいっても、「自分の英語に自信がない」という不安を感じている方も多いのではないでしょうか。けれども、それほど深刻に考える必要はなさそうです。

現在では、親子で絵本を楽しむこと以外に、YouTubeやオーディオブックなど、さまざまなリソースの利用が可能です。絵本の読み聞かせにプラスして、これらのリソースを上手に利用すれば、多角的に英語を学ぶことができます。

コツその2.子どもの「聞く力」と「話す力」を優先する

語学を習得しようとする場合、英語に限らず、身に付ける能力はたいてい次のような順番になります。

  1. リスニング
  2. スピーキング
  3. リーディング
  4. ライティング

最初に習得するのはたいていリスニングです。そのため、絵本の読み聞かせをする場合に、本で使用されている英単語や文法を、逐一発声させたり正確に理解させたりする必要はないといえるでしょう。日本語に訳した内容を聞かせたくなってしまいますが、それも同様で、最初は省いたほうがよいでしょう。親は、どうしても効果を実感できるような方法で英語の知識を身に付けさせようとしてしまいがちですが、あせりは禁物です。

また、子どもは、イラストや挿絵を見ながら、なんとなく物語の展開をつかんでいくものです。読み聞かせを続けていくうちに、やがては単語や英文を理解できるようになっていくはずです。英語絵本を英語教材として利用するのがおすすめなのは、「子どもは、英語ではなく物語の展開に興味をもってくれる場合が多い」というのが、その主な理由としてあげられます。親から毎回のように「この絵本で学んだ英語は何?」などと確認されるのでは、せっかくの興味をそぐような結果を招いてしまうおそれがあります。

管理人の紹介

管理人の紹介

学生時代から英語が苦手だった私。妊娠中から英語教材を使いはじめ、現在3歳になる息子は、英語のDVDの内容をちゃんと理解できるまでになっています。「無理せず楽しく学べるのが良いな」と教材を選びましたが、今では息子から進んでやりたいというようになっているので、これからも続けていこうと思っています。

Copyright (C)英語に強い子どもに育つ!幼児英語教材ランキング All Rights Reserved.